« 詞No.376 幸い | Main | 詞No.378 駆けぬけろ! »

February 26, 2007

詞No.377 相 愛

相 愛


瞳閉じても 思い出せない あなたの笑顔
遠ざかっていく 後姿に 声もかけられない
あの日誓った愛は 偽り 
誰の為の 真実
重ならぬままに 過ぎてく時間
教えて 教えて 何がいけないの
とまどい とまどい 立ちすくむ 私 ひとりが…
どうして どうして 愛はすれ違う
あんなに あんなに 愛し合い とけていったのに…


この世にふたり 取り残されて 生きていようとも
差しのべる手に ぬくもりはない それがあなただから
片想いより遠い 絶望
行き場の無い 現実
重ならぬままに 過ぎてく時間
教えて 教えて 何がいけないの
とまどい とまどい 立ちすくむ 私 ひとりが…
どうして どうして 愛はすれ違う
あんなに あんなに 愛し合い とけていったのに…

重ならぬままに 過ぎてく時間
教えて 教えて 何がいけないの
とまどい とまどい 立ちすくむ 私 ひとりが…
どうして どうして 愛はすれ違う
あんなに あんなに 愛し合い とけていったのに…

|

« 詞No.376 幸い | Main | 詞No.378 駆けぬけろ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 詞No.377 相 愛:

« 詞No.376 幸い | Main | 詞No.378 駆けぬけろ! »