« 詞No.388 ココロの美術館(目黒川の桜) | Main | 詞No.390 Daddy »

March 24, 2007

詞No.389 うりずんの島

うりずんの島


誰も皆 耐えている 
日々のストレス 生きてく辛さ
耐えなさい あたりまえ 
人間ならば 生きてるならば
弱い自分が いけないんだと
自分で自分 追い込んでみる
眠れぬ夜を くり返すだけ
強い事とは 何なのだろう
考えあぐね 飛び乗った
窓から見下ろす 青い海
CAのアナウンスが 着陸を告げて
迎えてくれる うりずんの島


人と何所 違ってる?
比べてみても 解決しない
我慢しろ 出来なけりゃ
生きてる資格 ないと言われる
生まれた事を 感謝したいよ
両親の愛 素直なままに
独りでいても 生きてく強さ
も一度自分を 見つめ直そう
答えは出ないかも知れない
それでいいんだと 南風
砂浜を走ろうか 泳いでみようか
迎えてくれる うりずんの島


教えてくれる 島時間
自分のペースでいればいい
憧れと現実は 違うかも知れない
向き合う自分 うりずんの島  

|

« 詞No.388 ココロの美術館(目黒川の桜) | Main | 詞No.390 Daddy »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 詞No.389 うりずんの島:

« 詞No.388 ココロの美術館(目黒川の桜) | Main | 詞No.390 Daddy »