« 詞No.390 Daddy | Main | 詞No.392 早稲田通り »

March 30, 2007

詞No.391 桜 ~過ぎ去る季節、新しい季節~

桜 ~過ぎ去る季節、新しい季節~


寂しくなるね この街を出て 
旅立つ君に 手を振るけれど
そのあと直ぐに 僕も出て行く
追いかけるよう 違う街へと
路地を入った 小さな公園
そこには 1本の桜
教えてくれたのは 君
それから毎年 春になると
ワインとチーズで 乾杯をした
最後になるのかな 
この桜を 2人で見るのも
過ぎ去る季節 悲しいけれど
新しい季節 たくさん待っているよ 楽しい事が
桜 桜 風にのせて
微笑みの 花びら


心細くて 泣きたい時も
描いた夢を そっと抱きしめ
おんなじ事を 僕も思うよ
離れていても 想い伝わる
来年もまた 小さな公園
そこには 1本の桜
誰かが見つけるよ きっと
時代はめぐって くり返すよ
見つめているのは 変わらぬ 桜
またいつか逢おうよ 
この樹の下 花吹雪浴びて
過ぎ去る季節 新しい季節 どちらも同じ
かけがえない時間 愛しいはず
桜 桜 風よ運べ
生きていく チカラを
 

最後になるのかな 
この桜を 2人で見るのも
過ぎ去る季節 悲しいけれど
新しい季節 たくさん待っているよ 楽しい事が
桜 桜 風にのせて
微笑みの 花びら

|

« 詞No.390 Daddy | Main | 詞No.392 早稲田通り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 詞No.391 桜 ~過ぎ去る季節、新しい季節~:

« 詞No.390 Daddy | Main | 詞No.392 早稲田通り »