« 詞No.457 Note (オヤジになった僕から 17歳の頃の僕に…) | Main | 詞No.459 八重山紀行 »

October 12, 2007

詞No.458 ストレート

ストレート


君が伸ばした手に 届かないまま 時は過ぎて
全ては想い出になり 心には 小さなわだかまり
傷つくことは 怖くない 頭ではわかっていても
正直に生きるには 強くならなきゃいけないんだって
初めて知った 16の夏
あれから何年過ぎただろう
君の勇気に応えられなかった…こと
未だに 後悔しているよ


君が伸ばした手の そのぬくもり 知らぬままに
全てが幻のよう ひと夏の 小さな物語
自分の気持隠さずに 生きようと もがくけれども
いつだって生きるには 多数決なら 多数派の方が
生きやすいから 手をあげていた
あれから何年過ぎただろう
君の勇気を想い出しているよ…そう
今なら 握り返せるはず


あれから何年過ぎただろう
君の勇気に応えられなかった…こと
未だに 後悔しているよ

あれから何年過ぎただろう
君の勇気を想い出しているよ…そう
今なら 握り返せるはず

|

« 詞No.457 Note (オヤジになった僕から 17歳の頃の僕に…) | Main | 詞No.459 八重山紀行 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 詞No.458 ストレート:

« 詞No.457 Note (オヤジになった僕から 17歳の頃の僕に…) | Main | 詞No.459 八重山紀行 »