« 詞No.467 グラスの中の泡の海 | Main | 詞No.469 砂の記号 »

November 16, 2007

詞No.468 "つづき"あり…

"つづき"あり…


思い通りにいかなくなって 
投げ出したくなる事は 誰にもある事
落ち込む気持 コントロール出来なくなる
世界で一番不幸だなんて
そんなストーリー 勝手に書き上げて
それで 満足なのかい?
生きてる限り 明日があるよ
最後の頁 読み終えるまで
人生には"つづき"あり…
想像しよう 笑顔の自分!
何度だって 書き直せるから


行きつ戻りつ それでいいんだ 
人それぞれのスピード 抜かされる時も 
追い越す時も 自分のペース忘れずに
世界で一番幸せ者と
だからストーリー 修正すればいい
きっと 夢は叶うはず
生きてる限り 明日があるよ
最後の頁 読み終えるまで
人生には"つづき"あり…
想像しよう 笑顔の自分!
何度だって 書き直せるから


生きてる限り 明日があるよ
最後の頁 読み終えるまで
人生には"つづき"あり…
想像しよう 笑顔の自分!
何度だって 書き直せるから

|

« 詞No.467 グラスの中の泡の海 | Main | 詞No.469 砂の記号 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 詞No.468 "つづき"あり…:

« 詞No.467 グラスの中の泡の海 | Main | 詞No.469 砂の記号 »