« 舞台評No.55 ベガーズ・オペラ | Main | 詞No.490 天空の宮殿 »

March 19, 2008

詞No.489 ふたり

ふたり


この手のぬくもり お互いのその思い
ひとつに溶けて 愛になる
共に重ねた年月が 新しい扉を開けるから
これからは振り返らずに 前だけを見て
歩幅合わせて 歩いていこう
同じ時代 同じ国に 生きている ふたりだから
同じ夢を  同じ地球(ほし)で 叶えたい きっと


幸せの鐘が 街中に鳴り響き
祝福の中 誓い合う
それぞれ生きた年月は ドラマチックではないけれど
いつの日も振り返らずに 互いを信じ
生きた証を 残してみたい
同じ時間 同じ記憶 これから ふたり一緒
同じ夢を 同じ地球(ほし)で 叶えるよ きっと


同じ時代 同じ国に 生きている ふたりだから
同じ夢を  同じ地球(ほし)で 叶えたい きっと

同じ時間 同じ記憶 これから ふたり一緒
同じ夢を 同じ地球(ほし)で 叶えるよ きっと


|

« 舞台評No.55 ベガーズ・オペラ | Main | 詞No.490 天空の宮殿 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 詞No.489 ふたり:

« 舞台評No.55 ベガーズ・オペラ | Main | 詞No.490 天空の宮殿 »