« 詞No.631 どこにいても | Main | 詞No.633 清々 »

December 08, 2015

詞No.632 台北遥遥

あなたが生まれたこの街を
想い出辿り 巡る旅
あの頃とは 随分と変わったでしょう
それでも 面影はあちらこちら
片言の日本語の老人に話しかけられ
ふと思い出す あなたのこと
90年の月日は あっという間…


台北の夕空 見上げれば
あなたの笑顔 見えるよう
あの日のまま 優しさは人の心に
いつしかこの街に魅せられてく
片言の日本語は その歴史思い出させる
あなたが生きた人生
誇れる今に 感謝し生きていこう…

|

« 詞No.631 どこにいても | Main | 詞No.633 清々 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61883/62832194

Listed below are links to weblogs that reference 詞No.632 台北遥遥:

« 詞No.631 どこにいても | Main | 詞No.633 清々 »