« 詞No.661 愛 | Main | 詞No.663 心しずめて… »

September 18, 2019

詞No.662 in シンガプーラ

何年ぶりだろう この街に降り立つのは

色鮮やかな花が迎えてくれる

空を舞う光のショータイム

プルメリアの香りが どこか懐かしい

シンガプーラ 人は皆 さまよい人

シンガプーラ 漂いながら生きていく

微笑みと哀しみの タペストリー

 

よどみない流れは この街を進化させる

潮風なら優しく 心ふるわす

夢かなう 光のレザリウム

ブーゲンビリア ゆれて空にいだかれる

シンガプーラ この島に流れ着いて

シンガプーラ それぞれの彩(いろ)受け入れて

微笑みも哀しみも 未来志向

 

 

 

|

« 詞No.661 愛 | Main | 詞No.663 心しずめて… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 詞No.661 愛 | Main | 詞No.663 心しずめて… »