« 詞No.667 津軽 | Main | 詞No.669 幸・アイルランド »

December 19, 2019

詞No.668 London in London

川風に吹かれながら 歩くサウスバンク

石畳が どこか懐かしい

久しぶりのロンドンは クリスマスの彩り

子供たちはプレゼントを抱えながら

笑顔ではしゃぐ

自分を重ねるけど遠い昔

されどあっという間…

 

どんよりと曇った空 息は白く凍る

橋の上でポーズ取るカップル

季節問わず ロンドンは恋人を熱くする

現実なら厳しいかも知れないけれど

時は繋がる

生かされているうちは笑顔の方が

きっと楽しいから…

|

« 詞No.667 津軽 | Main | 詞No.669 幸・アイルランド »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 詞No.667 津軽 | Main | 詞No.669 幸・アイルランド »