« 詞No.672 京ひとり | Main | 詞No.674 旅の終わりに見る夢は… »

March 29, 2020

詞No.673 なにわ酒

おてんとうさんに 感謝して

今日も昼飲み 新世界

通天閣を見上げれば 

心スッキリ悩みを飛ばす

いつもの顔と 笑顔で乾杯

生きてる証 なにわ酒

 

雨が降っても 感謝して

ひとり手酌の 天満筋

アカンアカンと 言いながら

飲めば爽快 視界は晴れる

串揚げビール  どて焼き焼酎

明日の糧に なにわ酒

 

くよくよしても始まらぬ

元気でいたら 酒飲める

好きや好きやと酒談議

話せばオモロ 人生酒場

梅田 本町 堂島めぐり

夢も現も なにわ酒

|

« 詞No.672 京ひとり | Main | 詞No.674 旅の終わりに見る夢は… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 詞No.672 京ひとり | Main | 詞No.674 旅の終わりに見る夢は… »