« 詞No.692 オ オ サ カ | Main | 詞No.694 ブライトンは冬嵐 »

December 21, 2020

詞No.693 三陸鉄道リアス線

釜石駅を発車して 列車は北へ ひた走る

復興工事の作業は続く 忘れちゃならない風景続く

秋から冬へ空暗く 春待つ姿 胸にとめ

三陸鉄道リアス線 久慈を目指して ひとり旅

あれから何年経っただろう…

 

車内アナウンス 宮古を告げてゆっくりと

列車の速度落としていけば 変わる景色に心ときめく

袖振り合うも他生の縁 マスク越しにも微笑んで

三陸鉄道リアス線 各駅停車3時間

出逢いと別れ 物語…

 

三陸鉄道リアス線 久慈で乗り換え八戸へ

うに弁当が 日本酒(さけ)のあて…

 

|

« 詞No.692 オ オ サ カ | Main | 詞No.694 ブライトンは冬嵐 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 詞No.692 オ オ サ カ | Main | 詞No.694 ブライトンは冬嵐 »